FC2ブログ
04
TOP IMAGE
http://isaomk2.blog28.fc2.com/

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たびれぽっ! 第二部  名古屋 VSゆーぢ熱闘偏

前回までのあらすじ


 年に一度の連休を謳歌する為に、大阪名古屋ツーリングを計画したいさを。
 珍しく順調に往路を走破した彼は、約束の地道頓堀にてラ研随一の強敵(とも)である庵さんと飲食を楽しんだ後旅先にもかかわらず更に缶ビールを片手に深夜アニメを鑑賞しながら就寝したのだった。

 そして翌日。そんな自堕落旅行を進行中のいさをが目覚めた時、どうしたかと言うと……


 1 大阪秋の陣


「気持ちわりい」
 
目覚めて第一声が、そんな感じの二日目の朝。
 ええ。先日のお酒が相当に残っているのでしょう。頭がぐわんぐわんします。旅先だというのに、実に見事な二日酔いです。
 そういえば、先日小生と大差無いペースでグラスを開けていた庵さんはいったいどうっだったのでしょうか。なんとなく大丈夫の様な気もします。だって庵さんだし。 
 
 ともあれ、いつも以上に重い体を引きずってチェックアウト。ええ、朝飯なんか食えません。バイクに荷物を括り付け、色々と問題のあった尼崎を後にします。目指すは大阪城。早く着くようだったらお城の近辺で朝食でも食べようとか考えつつ、バイクを走らせたのですが。
 そういえば今回、地図とか一切持ってきていません。
 グーグル先生に任せておけば大丈夫だろうと、携帯ひとつ握り締めてここまでやって来ました。事実、来れました。
 そう。ここまでは。
 まあ、携帯ですし。しかも小生未だにガラケ使いなのでナビのアプリとかも使えないため、要所要所で地図を開いてある程度記憶したら暫く走ってまた見て記憶して、というやりかたでここまでやってきたのですが。
 うん、あれですね。大阪みたいな大都会では、この方法はまったく通用しませんね。
 散々迷って、結局大阪城まで一時間くらい掛かりました。次はぜったいスマホにしようと心に誓った秋の空。

 そんなこんなでやっとこさ到着した大阪城。
 なんだか無駄に広いです。 
 大都会大阪の真ん中に、こんなに大きな敷地の公園があるとは。っていうか外堀埋められたんじゃなかったのかよ。こちとらバイク用のブーツでめっさ歩きづらいのに、天守閣までえらく歩かされました。
 そんな大変な思いをして、ようやく着いた天守閣。
 なんか外付けのエレベーターとかついてます。
 エレベーター付き天守閣…………いや、まあ、バリアフリーはわかるけどさあ。それでもさあ。
 
 まあ、でも良いです。どうせこの城は戦後に建て替えられたはっきりいってビルヂング。中にもエレベーターがあってあっという間に五回まで昇れますヒャッハー文明の利器バンザーイ。
 まあアレですね。もしも小生がニンジャだったら、こんな城は簡単に落とせますね。 

 という訳であっという間に大阪城終了。噂にたがわぬがっかり感。とりあえずわかったのは加藤清正はやはり石垣作りの名手だったという事くらいでしょうか。



 2 そしてTシャツ勝負再び



 予想通りあんまり面白くなかった大阪城を後にした小生。お昼を食べて一路名古屋に向かいます。あ、やはりこちらのうどんは美味しゅうございました。きつねうどんでも揚げ玉が入るんですね。
 高速に入り、名神~新名神~伊勢湾岸。今度はぼーっとしていなかったのでちゃんと伊勢湾岸に入れました。

 予定より少し早く、五時過ぎにホテルにチェックイン。
 例によってシャワって体に染み込んだ排気ガスを洗い流し、後に書くブログ用にここまでの出来事をメモ書きしていたらいつのまにか爆睡。六時を回るちょっと前くらいに、ゆーぢに電話で起こされました。
 既にホテルの前に居るという事で、さっさと出陣。この日のために用意しておいた秘密兵器を着込み、部屋を出ます。
建屋から出ると、アロハシャツを着た遠目にも既にガラの悪い男が立っていました。ゆーぢです。
「よー。久しぶり」
「よー」
 一年ぶりくらいの再会。そして勝負。
 今回奴が用意した得物は、日本猿柄という一体どこで売っているのかまったく検討のつかないアロハシャツとその下にはやたらとかわいくデフォルメされた具志堅用高さんの顔が描かれた白Tシャツという凄まじいものでした。並みの使い手だったら手もなく殺られているでしょう。
 でも小生にも切り札があります。
 奴の服装を一通り吟味した小生は、まるで変質者的な動作で「うりゃあっ!」と上に羽織っていた半そでのシャツを開き、中のTシャツを晒します。
「なんだそれ。めんま……じゃない!?」
 そう。小生がこの日のために用意したのは、先日の秩父聖地巡礼の折ひそかに買い求めていた『YOU ARE NOT MENMA』と書かれた女装ゆきあつTシャツ。シャツの前面いっぱいに、悔しそうに顔をゆがめるゆきあつの顔がどアップで描かれています。それを自慢げに来ている四十一歳のオヤジ。トータルの破壊力は決して奴に引けを取りません。
「……ちゃんと用意してきたか。『もしも日和ったシャツ着てきたら笑ってやれ』ってライラちゃんにメールまでしておいたんだが……今回は引き分けだな」
 ……ていうかお前何やってんだよ。


 3 酒とゆーぢとフィギュアと薄い本


 そんなこんなでお約束の儀式を無事終了した我々二人は、奴の案内で電車に乗り込み名古屋まで。さっそく飲みに向かいます。
 最初に入ったのは、ゆーぢお勧めの『喜多満』という居酒屋。見たところお客さんの八割がたが仕事帰りと思われるお父さん達。おそらくほとんどトヨタの社員でしょう。偏見ですが。当然、皆さんきっちりとしたYシャツ姿。具志堅TシャツだのゆきあつTシャツだの着ているのは我々だけです。
 しかし微塵も気にせず乾杯。
 こちらでは土手煮や手羽先、名古屋コーチンの串もの、あと名古屋の居酒屋ならどこでも出しているというなんとかソーセージの焼いたやつといった名古屋フードを色々と頂きました。どれも酒に合います。
 そして地元愛知のお酒、『蓬莱院 可』という値段の割にはやたらと美味しい日本酒も頂き、先日のファイトでのダメージを残した小生はすでにイイ気持ち。余力を残すためにこちらでは軽くやっつけ、二軒目に向かいます。

 その二軒目は、さりげなくリクエストしておいた名古屋名物の巫女居酒屋『月天』
 小生、この店は正直言って舐めておりました。
 お勧めと書かれていた『武将ハイボール』なるものはキワモノ揃いでしたが意外とおいしいものも有り(でも利家ハイボールとか普通にマミーテイラーだよね!)、そして料理がしっかりと美味しかった!
 特に『クリームチーズ豆腐』というクリームチーズなのか豆腐なのかまったく分からない一品には驚かされました。食べてみると、まさしく「ああ、これはクリームチーズ豆腐ですね」としか言いようの無い、不思議な食感。そして美味しい。これは是非作り方をパクりたいと切に思いました。
 あと、なぜかこのお店は馬刺しが売りみたいだったのでしっかり注文。神道は四つ足普通に食べるのねw

「やっぱり巫女って言ったら三月さんだよね」
 などと話しながら飲み食いする事しばらく。ゆーぢ君が、
「さて、この場はこれくらいにしとく?」
 と提案。
 なるほど。きっとこの男も名古屋のバーなど案内してくれるのかと思っていたら
「俺ん所来ないか」
 まさかのゆーぢ宅飲みフェイズ発動でしたw

 ちゃっちゃと名古屋を発ち、途中コンビニで酒つまみなど調達して、昭和テイスト漂う工場に隣接した社宅の一室である彼の部屋に到着。
「ささ、入って」
 そのまま普通にドアノブをがちゃり。鍵くらいかけとけよ。
 そんな彼の部屋の中は……
 うん。まさにフィギュアまみれ。むしろフィギュア溢れ。飾りきれないものがテーブルの上を占拠し、しかも部屋の隅にはまだ出されてもいない数体がブリスターパックの中で待機している始末。(その中のひとつ、ストパンのトゥルーデのフィギュアが小生特に気になりました。パクっておくべきだったか)
 そして床には各種漫画雑誌や月間ポプリクラブなどが所狭しと詰まれ、足の踏み場に苦労するその様相はまさに男の巣。
 そして床の目立つところに小生の好きな千石撫子の薄い本がこれみよがしに置いてあるではないですか。
「こ、これは!? けしからん、全く持ってけしからんぞっ!」
 食い入るようにそれを読む小生。その様をツイッターでみんなに報告するゆーぢ。
 名古屋の夜も、中々アツい事になりました。


 4 ゆーぢ、企画やるってよ

 
 気を取り直して三度乾杯。
 マスクを脱いでリラックスしているドロンジョ様のフィギュアや、ゲーセンものの割には妙に出来の良い撫子のフィギュアといった彼のコレクションを鑑賞しながら、飲みを再開。この撫子フィギュアも隙あらばパクろうとも考えておりました。ええ割と本気で。
 当然、ここでも小生は企画の話を持ち出します。
「ていうかたまには企画出ろよ」
「んー、今回書こうかと思ってたんだけど暑いから面倒臭くなってずっとニコ動見てた」
「そうでしたかこのクズめ。でもそろそろ涼しくなって来た事だし、なんか書こうよ」
 せっつく小生を一瞥したゆーぢは、しかし次の瞬間ニヤリと笑い
「冬(企画)まで間があるし、またなんかやろうか」 
 去年の地方対決に引き続き、奴はまたしても何かをおっぱじめるつもりらしいです。
「今回はフリー参加にしようと思うんだ。掲示板でレスしてきた奴にお題決めさせたりしてもいいかもしれない」
 そんな事を、シルクエビスの缶を片手に奴は言っておりました。
 当然、重度の企画ジャンキーである小生は黙ってはおれません。
「ビバ! 戦ろうぜゆーぢ君!」
 これから冬にかけては色々忙しい時期なのですが、そんな事は言っておれません。当然参加いたします。
もちろん庵さんも参加する事でしょう。

 などなど色々と話ながら飲んでおりましたが、やはり先日のダメージも少なくは無く、翌日はゆーぢも朝から仕事である事だし、十二時くらいでお開きにして彼の部屋を去りました。
 その晩はさすがに深夜アニメをチェックする事も無く、ばったりと倒れる様に寝たのであります。

 それにしてもあの撫子の薄い本はそのうち入手しよう。確か作者はホムンクルスとかだったな……


 5 がっかり城、再び三たび


 前日ちゃんと寝たので、この日はヌッキリと起きる事ができました。ビジネスホテルの割にはちゃんとした朝食を頂き(さすが名古屋!)、クールにチェックアウト。名古屋城を目指します。
 途中例によって携帯の地図で迷いながら、それでもどうにか名古屋城到着。中に入ると思いっきり改装工事とか復元工事とかやっていてげんなりします。そして天守閣にはやはり後付けエレベーター。うん、良いよ。もう良いよ。すきにして。
 この城もまあ戦後に立てられたコンクリ城なのでもうどうでもいいです(ひでえ 
 とは言え。
 この城が焼け落ちたのは、先述した通り戦争中。名古屋大空襲にてB29の焼夷弾攻撃を受けての事。投下された爆弾の破片なども展示されていて他の城には無い、ある意味戦いの凄みを垣間見せております。
 そういえばやはり戦時中まで残っていた広島城は原爆で破壊されていますからね。1600年代最高峰の軍事拠点も、空からの来襲など微塵も考えておりません。先日ゆーぢとそういう話などしていましたが、やはりこうやって見てみますと色々考えさせられる事があります。

 あ、あとここの城も石垣は加藤清正が一枚噛んでます。すごいね清正職人だね。

 そんな名古屋城を後にして、今旅行三つ目にして最後のお城、清洲城に向かいます。高速に乗ればすぐなので珍しく迷いません。
 清洲インターでさくっと降りて、既に高速から見えていたチープなお城にレッツゴー。
 ……ええ。
 知ってます。小生知ってます。
 このお城は、実に平成になってから地方なんとか金で作られた観光客目当てのかなりどうでも良い城だという事を。昨日今日と見てきた二つの城と比べても、いろんな意味でがっかり城だという事を。
 なのに、なぜ来たのか。
 それには、理由があります。
 ここは、小生がこよなく愛している、嫁さんに『俺が死んだら一緒に墓に埋めてくれ』と常々言っている神ゲーム、『大公立志伝』(SFC版)の舞台となっている城なのです。
 この地、この城に足を踏み入れ、小生の操作する秀吉の生き様を思い描くという、まさにゲーム版聖地巡礼の旅でも実はあったのです。
 三百円払って天守閣に入り、チープな城だからエレベーターも無く息を切らせながら最上階に上がり、信長気分で街を見下ろします。
 そういえばかのゲームでは、信長が安土城を建てた時に天守閣で
「琵琶湖のむこうに天下が見えるわ」
と満足気に呟くシーンがあってそこが大好きなのでついつい口走ってみたくなったのですが当然この城から琵琶湖は見えないので心の中で呟くに留めておきました。ええ、すげえどうでも良い話ですね。

 その後、城内の展示を見て実は信長の時代には清洲城に天守は無かった事を知り愕然としたり色々ありましたが、まあ概ね満足。
 思いの他良い気分を胸に、清洲城を後にして名古屋を発ちました。


 プロローグ いいかげん疲れてきたし帰路とか適当でいいよね


 そういう訳で、名古屋を抜けてまたしても新東名。帰りもえらくスムーズです。途中、清洲を去る前に一応記念にと思って食べた味噌カツがあまりにも濃い口で軽く胸焼けとかしておりましたが、どうにか無事に帰る事ができました。
 日が暮れる頃、我が街ミッド千葉に到着。総走行距離は実に1230キロ。久々に嫌っちゅうほど走りました。
 当分バイクには乗りたくありません。

 今回、快く小生と遊んでくれた庵さんとゆーぢ君、ありがとうございました。
 そしてツイッターで絡んでくれた皆さん、時に元気づけられ、時にイラっとさせられながら楽しく旅行する事ができました。ありがとうございました。

 さあて、来年はどこに行こうかな。
 そして来年の小生に、遠出する体力残ってたらいいなw
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おつー。

楽しんだよーでナニヨリ☆
今度庵さんの正体こっそり教えるよーにぬ。(* ̄┏Д┓ ̄*)b

Re あくあたん

ありがとん。
そして庵さんの正体は話すと小生が消されちゃうのでアレですw

ウインナーじゃねえよ! 明宝ハムだよ! 間違ってるとしゃちほこに食われるぞ!!

Re ゆぢ君

長期間放置スマソ。

>明宝ハムだよ!

そうそう、それだ。なんか見た目とか食った感じがボローニャソーセージっぽい感じがしたのでそう思い込んでたのだなあ、きっと。
そして戦後作られたレプリカのしゃちなど怖くもないが、君ん家の近くのあの大学は怖いのでやはり名古屋の人ごめんなさい。

旅ですかー。いいなー。
今年の社員旅行は箱根らしい(わくわく
でも、売上によっては桃太郎温泉になるそうな・・・
せめて岡山県から出たいものだ。

Re のりたまさん

おっと、のりたまさんじゃあないですか!

まあ僕も旅なんて年に一度行けるかどうかですからw
しかしバイクの旅は年々つらくなっていくような気ががが

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaomk2.blog28.fc2.com/tb.php/60-6b69029f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【たびれぽっ! 第二部】

前回までのあらすじ 年に一度の連休を謳歌する為に、大阪名古屋ツーリングを計画したいさを。 珍しく順

 | BLOG TOP |  » たびれぽっ! 第一部  大阪 VS庵激闘編

プロフィール

いさおMk2

Author:いさおMk2
某県某市某所にてショットバーを営んでいる、お笑い系バーテンダーです。
主に「ライトノベル作法研究所」というサイトさまにお世話になっております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
駄作劇場 (5)

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。