FC2ブログ
04
TOP IMAGE
http://isaomk2.blog28.fc2.com/

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格が滲み出るらしい

 この頃、ちょいと「怖い」と感じている事があります。

 先日の話ですが。
 とあるお客さんに、
「マスターの料理ってさ、ものすごくマスターらしいよね」
 と言われました。
 正直、「???」な感じです。
「美味い」とか「まずい」とか言われるのはまあ判りますが、「マスターらしい」って一体どういう事なんだろう?
 小生の尊敬する料理人のお言葉に、
「料理には、作る人間の人格があらわれる」
という言葉がありまして、かのお客さんもそういう事を言いたいんだと思うんだけど、それが一体どういう事を表しているのかは、十数年この商売をやっているにもかかわらず正直未だにわかりません。
 まあ、自己分析するならば小生の料理は「量はがっつり目。味は濃い目。やや辛め。麺類の茹で加減は固め」という風になりますが、これをもって小生らしいとは言い切れないでしょう。
 きっとそれ以外の何か『いさおらしさ』みたいなモノが、作る料理に潜んでいるんでしょうね。なんだか少し、おっかないです。それがどんなもんかは判らないけど、悪いものでなければ良いな。

 本業(の筈w)のバーテンダーとしては、おそらく料理以上に自分らしさの様なものは出るとは思います。それはどっちかと言えば自分の好みというか大袈裟に言えば哲学的なもので、自分に取っての酒とはこういうものであるという思想を形にしたものであると考えております。
 なのでオープン当時から甲類焼酎や日本酒は置かないしサントリーのウイスキーは絶対に置かないというスタンスは取り続けている訳でありまして。
 バーに行けば、十軒が十軒どれひとつ同じ店が無いのは、オーナーバーテンダーおのおのがそう言った自分の思想を具現しているからでありまして。
 そして、それだからバー通いは楽しいのであります。同じカクテル、例えば定番中の定番であるジントニックですら、お店によって全然違う味わいになっているのです。色んなバーで、同じカクテルを頼むと店ごとの思想や拘りが見えるので、とても楽しいですよw

 そして人格が出ると言えば、やはり文章なんかは相当出るんじゃないかと考えます。
 小説家やコラムニストなんかで、読んだ瞬間に「ああ、こいつ小生の嫌いな奴に違いない」と感じる事が結構あり、よくよく調べてみるとやっぱり自分の嫌いなタイプの人間だったという事がよくあります。嫌な野郎は文章からもイヤーンなオーラが出るのです。
 例えばラ研なんかで「この人の書く文章は好ましいな」と感じた人と実際に会ってみて、外れた事は今まで殆どありません。
 逆に。
 もちろんあそこでもアレな人種は結構居て、その人の例えばチャットでの発言やなんかで大っ嫌いになったりする事もあります。そういう人が書く文章は、大抵自分の好みとはかけ離れています。
 そして、それに関して言えば小生だって他の人からそういった目線で見られているんでありましょう。
 あそこでの、というか小生の壊れた生き様とそれが反映している文章を見て、こんな野郎とはかかわりたくないと感じている人もいっぱい居るんでしょうねえ、うん。
 尤も、小生は八方美人な生き方なんぞ絶対できないし、自分の書く文章は滑稽なくらいに自分の理想や生き様を反映させているであろうから、それを読んで見限られたのならそれは仕方無い事ですからねえ。

 文章にしろ、料理にしろお酒にしろ――
 作る人間の人格というmのは、どこからともなく滲み出るモノらしいです。
 そして、それがどんなモノなのかはおそらく自分では判らない。うん、おっかないなあw
 尤も……
 料理やカクテルについたはともかく――

 文章に関しては、きっと
らんじぇりいとかキャサリンとか今回のパンティ職人とか書いている時点で簡単に見破られちゃうんだろうけどねえw
 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaomk2.blog28.fc2.com/tb.php/50-b9d87b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご当地小説勝負 «  | BLOG TOP |  » おふ☆れぽ ~ミッド千葉・朝までラノベ生討論編~

プロフィール

いさおMk2

Author:いさおMk2
某県某市某所にてショットバーを営んでいる、お笑い系バーテンダーです。
主に「ライトノベル作法研究所」というサイトさまにお世話になっております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
駄作劇場 (5)

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。