FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://isaomk2.blog28.fc2.com/

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉の容態

 先日、小生が見苦しくうろたえてしまった姉の病気の事ですが――

 そういえばブログにて励ましや叱咤激励のコメントをたくさん頂いたにもかかわらず、この場でお礼を言っておりませんでした。
 非礼をお詫びしますと共に、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 さて、その姉の容態なのですが。
 先日に行われた生検において、どうやら悪性腫瘍では無かった様です。全身くまなく調べたところ、肺と子宮に何やら怪しい影が映ったらしいのですが、どうやらこれも大丈夫だったらしいです。
 姉と病室内で盛大にハグして、親に
「あんたら、恋人同士か!」
 と思いっきりツッコミを入れられました。
 
 ――本来ならこれど『めでたしめでたし』となる所なのですが。

 どうやら、そうも簡単にはいかない様で。
 姉の下顎に出来たという腫瘍。どうやらちょいと厄介なものらしく。
『エナメル上皮腫』
 という病名だそうです。
 どうも結構な大きさになっているらしく、全部除去するには少しばかり大掛かりな手術になるらしいのです。
 それだけでも大変なのに、手術する箇所は顔。
 前回の生検の時も、もの凄く腫れてしまってとても痛々しかったです。
「片側だけマツ子みたいだな、おい」となるべく明るく冗談口を叩いておいたのですが、やはり女性が一時でもそんな状態になるのは辛いみたいで、
「こんな顔、子供に見せらんないよー」
 なんて嘆いておりました。
 しかも、
 なんだかアレなので色々とググってみたところ、
『稀に再発を繰り返し、悪性化する事がある』
 なんて事まで書いてある始末。
 そうならない事を祈るよりありません。

 まあ、ともかく。
 こうなっちゃうと、もう小生がしてあげられる事なんてタカが知れちゃうんですよね。
 旦那や子供の事とかで色々と不安を抱えている姉の、せめてメンタル面だけでもサポートしてあげたいと思うのですが。
 まあ、言ってみればバーテンダーの一番大切な仕事な訳で、むしろ得意分野であるはずなのですが。


 ――問題は、その肝心の小生がこの頃病みまくっている、という所でしてorz
 目下、最大の問題はその事をねーちゃんに悟られない様にする事かもね。
 小生が逆に心配されてどうするしwww
スポンサーサイト

● COMMENT ●

きみの心配は私がするから、きみは大いに姉上のことを心配なされよ。

そんな想いがいつか地球を一周して、

きみにも姉上にもきっと元気が届くから。

 ̄ω ̄)ノ

はじめまして、以前からちょこちょこブログを拝見させていただいてます。
よかったと言って分かりませんが・・・
ガンではないそうですね、それでも大変でしょうが。
・・・ストレスって嫌ですよね。

と言いますか、ほんとは一言もの申したかったんですが。
弱っている相手に、ムチ打つような真似はよしましょう。
では、今後の展開を祈っています。

>Reへべさん

貴兄の男気あふるるお言葉に、毎回大いに助けられております。
ありがとう。
もうね、もし小生がおにゃのこだったら間違い無く『抱かれたい』レベルですw
本当にありがとう。

>Re常夏さん

初めまして。コメント誠にありがとうございます。
そして以前より読んで頂けているとの事、大変嬉しく思います。
姉の容態は心配しているものの、最悪な状態では無かったみたいなので安堵しております。
暖かいお言葉を頂き、こちらも感謝しております。

>と言いますか、ほんとは一言もの申したかったんですが。

まずはお気遣いありがとうございます。
しかし、苦言を言って頂けるという事は大変貴重な事ですので、よろしかったら遠慮なくズバズバとお願いしますw

ありがとうございました。

・・・では、言わせてもらいます。

以前、趣味を商売にするのは邪道みたいな記事を書きましたよね。それはちょっといかがなものかと・・・


美少女文庫の作家、わかつきひかる・青橋由高先生のブログをご覧ください。作家とはそれほど甘い世界ではありません。
下手なものは書けませんし・・・
作家の方々も、大変ですよ。
それを邪道などとは・・・理解できません。


・・・生意気言って、すみません。私が勝手に気になっただけです。

>Re常夏さん 

再びのコメント、誠にありがとうございます。
厳しいお言葉を頂き、身が引き締まる思いです。こちらもありがとうございます。
そして、小生が以前書いた記事にて気分を害された様で、申し訳なく思います。
小生は決してプロの作家さんを甘く見ている訳でも無ければ、官能小説を甘く見ている訳でもありません。
むしろ官能小説を書く難しさを、今現在身を持って実感しております。
そんな仕事をもう十年も続けているわかつき先生には、尊敬の念を抱いております。
しかしながら、どうも小生のブログの書き方が悪かったらしく、その様な受け止め方をされる文章を書いてしまいました事をお詫びいたします。

ただ――

『趣味を仕事にする事は邪道』という一文については、否定するつもりも引っ込めるつもりもございません。
というのも。
小生は現在バーテンダーという仕事を営んでおります。
元々お酒と料理が大好きだったので、それこそ趣味が高じて仕事にしたクチであります。
すると、どうでしょう。
以前は純粋に楽しむ事ができたお酒や料理を、『仕事』というフィルターを通してしか見れなくなりました。今の小生は、以前の様にお酒や料理を楽しむ事ができません。それどころか、何を飲んでも食べても
(これは自分の店で使えないだろうか? これを採用すれば儲かるだろうか?)
といった事しか考える事ができません。
この様に、純然たる趣味を仕事に変えてしまう事。そして、それを二度とピュアに楽しめなくなる事に対して、一趣味人として『邪道』という言葉を使わせて頂きました。

常夏さんは、もしかしてプロの作家さんなのでしょうか?
もしそうだとしたら、小生の『邪道』云々の一文は許せないものに見えましょう。
その言葉を使った小生のセンスの悪さには一言もありません。
しかし、その真意はこういう所であるという事を、ご理解頂けたら幸いに思います。

長々と失礼いたしました。

事情を知らずに、勝手なことを言いました。
申し訳ありません。


甘えているのは、むしろ私の方だったかもしれませんね。
視野が狭くて。たしかに楽しめなくなったら、芸術系はいけないのかもしれません。


ちなみに、私はプロではありません。
ただなれるようには練習している者です。
未熟者が大層なことをいってしまい、すみませんでした。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaomk2.blog28.fc2.com/tb.php/44-974ac03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  おふ☆れぽ  ~いさお大暴走 その顛末~ «  | BLOG TOP |  » 捏造オフレポ☆ ラ研底辺対決! いさおvsゆーぢ、新橋ガード下決戦

プロフィール

いさおMk2

Author:いさおMk2
某県某市某所にてショットバーを営んでいる、お笑い系バーテンダーです。
主に「ライトノベル作法研究所」というサイトさまにお世話になっております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
駄作劇場 (5)

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。