FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://isaomk2.blog28.fc2.com/

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年掛りのプロジェクト

 アレですね。もうすぐボージョレ・ヌーボーの解禁です。
 個人的には好きな酒じゃないですけど。
 そもそも、アレはボージョレ地区のワイナリー達が、「誰が一番早く新酒作れるか、やってみね?」的な発想で始めたお遊びだったのですが、こんなに定着してしまうとはねえ……
 良く言えばフルーティでフレッシュ。
 悪く言えばワインの出来損ない。
 まあ、判断するのは飲む方ですから別にかまやしませんが。うん、何度も書くけど個人的には好きになれないなあ。

 まあ、ボージョレ・ヌーボーのお酒自体はどうでも良いのです。
 小生が欲しいのは、樽。

 ご家庭では絶対に無縁だとは思いますが、我々業者用には樽でも売ってくれるんです。ボージョレ。
 もちろん、何百ℓとかのちゃんとした樽では無く、たしか10ℓくらいだったと思います。
 そこに小生、目を付けました。

 その樽に若いウイスキー入れたら、熟成してくれるのかしら? と。

 早速、知り合いのレストランに頼んで、空き樽をもらう約束を取り付けました。
 こういう時だけ、素早いです小生w
 ご存知の通り――
 ウイスキーは樽の中でのみ、熟成されます。
 ワインの様に、ガラス瓶の中では残念ながら熟成してくれないので、例えば12年もののウイスキーを買ってきて、三年転がしといても15年ものにはなりません。
 そこで、樽。
 ブラックニッカあたりの安くて出来の良いウイスキーを買ってきて、ボージョレの開き樽に注ぎ込み、風通しの良い日陰に2~3年転がしておきます。
 すると、追熟されてより美味しいウイスキーになるのではなかろうか!?
 と、少し前に思いつきました。

 そもそも、ウイスキーは古いシェリー酒の樽で熟成するというのがルーツでありますし
(この辺のお話はとても面白いので、興味のある方はググってみてください!)
 ほのかに染み込んだボージョレ・ヌーボーがコクとフレイバーを加えてくれるのではなかろうかと期待もしております。
 もちろん大失敗する恐れもありますが……

 まあ、何にせよ、今年仕込んで結果が出るのは大体三年後くらい。
 結構気の長い計画です。
 酒の熟成というものは、決して人工的には行えない、タイムスキルのみが行える神秘的とすら言える作業。ま、せいぜいのんびりと待たせて頂きましょう。

 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaomk2.blog28.fc2.com/tb.php/34-10519ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

言葉遣いで、人生は変る «  | BLOG TOP |  » 『何でもあり』とは、いかないらしいw

プロフィール

いさおMk2

Author:いさおMk2
某県某市某所にてショットバーを営んでいる、お笑い系バーテンダーです。
主に「ライトノベル作法研究所」というサイトさまにお世話になっております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
駄作劇場 (5)

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。