FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://isaomk2.blog28.fc2.com/

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『何でもあり』とは、いかないらしいw

 まあ、こうなる事は八割方予想していたんですがw

 先日、ラ研短編の間に投稿致しました拙作『何でもありの勇者さまっ』が、見事高得点を頂いた後に、管理人氏のうっぴー氏のご判断により掲載見送りとなりましたwww

 無論、この事に何ら異存はございません。
 ラ研はうっぴー氏の個人サイトでありますし、彼が提唱する
 お子様も安心して読めるライトノベル
というものには共感も覚えますゆえ。

 ちなみに、うっぴー氏が仰る拙作の問題点は、

>奴は、魔王は瞬時に俺の心を読み取り、『幼女たんが大好き』という俺の最も弱い所に付け込んで来たに違いない。

>「ば、ばれてしまったのなら仕方が無い。そう、俺は幼女たんにしか興味を持てない男なんだ」

>ヒルダさんがペドロを誘惑(真人間への矯正?)しているシーン

>さにドーラたんまでもがペドロを誘惑 

>ステラ姫までが・・・

>サイモンとのSM?

 と、女性キャラがペドロに求愛する様が、過激すぎだと思いました><

 ……つまり、全編において、ダメだという訳でありますw


 まあ、今回は個人的にラ研規約に対して、どこまでギリギリに攻める事ができるかという全く持って利己的かつ自己中心的な動機でやらかしましたので、最悪削除すら考えておりましたから、むしろこの程度で済んだのかという思いすら、あります。

 ただ――

 これは、もしかしたら小生だけが感じている事なのかもしれませんが――

 ラ研という場を抜きにしても、
 昨今、特にエロに対する風当たりが厳しく感じるのです。
 もちろん、言いたい事は分かります。
 まだ分別の分からない青少年には、過剰なエロ媒体は毒になり得る。これは自分の経験上とても納得のできる話でもあります。

 しかし、その一方――
 ある程度節度の保たれたエロは大人にとってのファンタジー。高尚な娯楽でも有り得る訳でありまして。
 その、我々紳士の娯楽であるエロを、まるっと青少年に取って有害だからとキレイに削除されるのも、どうかと思う訳であります。

 え? そういうのはラノベ以外の媒体でやれ、と?

 しかし、残念ながら既に商業ラノベの中にももはやエロ本寸前とすら言えるものも散見できます。
 聞き及んだ話によりますと、とあるラノベでは男性のシンボルであるアレを武器にして闘うという話もある様で、これなんかラ研に投稿したら問答無用で削除されちゃうんじゃなかろうかと感じます。

 まあ、これは極端な例にしても。

 小生がまだガキだったインターネットのかけらも無い時代に比べ、この過剰なまでの情報化社会において、子供達に情報統制をするのは限り無く不可能。
 であるならば、むしろいたずらに目を逸らせる事よりも、何が正しくて何が正しくないのかという選択眼を養わせる方向にシフトしていくべきであると、小生は愚考うる次第なのです。

 具体的に言いますと――

 小生の書くギリエロ小説あたりで慣らすと、イイんじゃないかなあ。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。
ひさびさの更新~と思いきや。
結構「しょっぱい」話じゃないですか。
御作を読ませていただきましたが、これでアウツ!になるのか、厳しいなあという思いでいっぱいになりました。あれもこれも「ダメ」ってなると、そのうち伏せ字と塗りつぶしのオンパレードになってしまうかもww
もはやお話を読むなんてことはできなくなって、生きていることさえ「えっち」とされる時代がくるやもしれません。禁酒法ならぬ禁エロ法ができてエロリストたちは地下へと潜るのですね。
その時は、きっと差し入れに行きます。
ペンは剣よりも強し。子供たちに「いいエロ」を教えてやりましょう。
がんばれ!

顔を上げたまえ、はらからよ

まあこの程度で貴兄が沈み込んでいるわけないと思うんですがww

とにかくお疲れ様でした。
個人的にはギリエロ云々のまえに、作品としての完成度、おもしろさに驚嘆しました。
実際、お金を払って読めるレベルだと思いましたので自信持って40点をつけましたし。

高得点掲載見送りはとても残念でしたが、とりたてて異議をとなえる意味もないかなと思います。
どっちかといいますと、記憶に残った印象のほうが強く、あらゆる意味であなたの勝ちですw

もしかするとギリエロブーム再来もありうるかもしれません。
いやはや業の深い作品をつくったもんだwww
ではでは。

Re のりたまさん へべれけさん

のりたまさん

ありがとうございます。
伝説の『ギリエロ企画』の頃と比べますと、随分と厳しくなったものですねえ。
これも時代の流れなんでしょうか。

地下に潜って抵抗活動……レジスタンス……
イイ! 中二心をくすぐるナイス設定!
ペンは剣よりも強し、だがエロはもっと強し!
これからも捕まらない程度に闘っていきたいと思いますw

ありがとうございました。



へべさん

ありがとうございます。

ふふふ。小生、歳相応に打たれ強くできております故。
むしろ『おいしい』とすら、感じておりますwww

不相応な程の高得点を頂き、感激しております。
少年(の心を持ったおっさん)の夢と希望と妄想を詰め込んだと自負しておりましたので、ご評価頂けた事は本当に嬉しいです。

また、短編の間において『ロリコン』と堂々と銘打った作品が高得点するなど、確実にギリエロの波は押し寄せております。

し、小生のせいなんかじゃあ、ないんだからねっ!
(まあ、読んだかぎりではそう目くじら立てる程でも無いと思いますけどね)

元祖『エロすぎで賞』受賞者の貴兄を見習ってw、今後も頑張っていきたいと思います。

ありがとうございました。

最後のは宣伝かっ! 宣伝なのかっ!!w

にしても、ネット小説のエロへの風当たりは強いみたいですねー。
A○UAさんからもそんな話を聞きました。
エロスは大人のファンタジー、ちゅう意見には同意ですw 
隠されたものほど人を惹きつけるのは神の意思でしょうね。
個人的には、ギリエロみたいな企画をもう一度やりたいのですが……難しいかなあ(汗

ひとまずおめー

あらためまして、勇者さま高得点おめですー。
そのうちアタイが赤い何かをアレしに行くので、首を洗って……しっかり拭いて、風邪引かないように温めつつ待っててくらさい。orz
ギリエロの線引きについては、もう厳しくなるばかりですぜ。
例えるなら、校則強化で学内の風紀を保とうとするカタブツ校長が赴任してきた私立校くらいな。(←長い

情報は、発信する側も問題アリだけど、受け取る側もどー処理するか勉強せねばアカンと思うのです。
それがおっつかないんでしょうなぁ。
某所の○ャットでも、境界はみだしちゃって自覚できない方もいらっしゃるようですし?
ほら、特にぱんつとか呼ばれてるひとが……(←スケープゴート

まあうちら大人には、じぇんじぇん関係ないサッ! エロ上等(* ̄┏Д┓ ̄*)b

ふはははは。えろい人たちが一気に釣れたーw


ぱんつ師匠

ありがとうございます。

>最後のは宣伝かっ! 宣伝なのかっ!!w

腐腐腐、啓蒙活動と言って頂きたい。
青少年たちをエロスの平野に軟着陸させる為に、小生は頑張る所存です(キリッ
師匠も、夜のファンタジスタとして共に青少年達をその毒牙にかけましょう。

ギリエロ2、許されるものなら是非やってみたいですなあ。
まあ、前回のクオリティで今やったら、殆どの作品が高得点掲載見送りでしょうけれどwww

ありがとうございました。


あくあたん

ありがとうございます。

>首を洗って……

そ、そんな優しい事言ったって、デレてなんかあげないんだからねっ! ←キモい
戯言はともかく。
まあ、エロに対する風当たり(特にろりぺどの類)は厳しくなっても仕方が無いとは感じますけど、ガキなんかはいたずらに締め上げたりすると余計に興味持っちゃうんだよねえ。
アメリカの禁酒法みたいな結果になると思うけどねえw

ま、確かに我々オッサンにはもはや関係無いからねw
めくるめく官能の世界へゴー!

ありがとうございました。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaomk2.blog28.fc2.com/tb.php/33-43c7d6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

数年掛りのプロジェクト «  | BLOG TOP |  » すみれ☆セプテンバーオフ会

プロフィール

いさおMk2

Author:いさおMk2
某県某市某所にてショットバーを営んでいる、お笑い系バーテンダーです。
主に「ライトノベル作法研究所」というサイトさまにお世話になっております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
駄作劇場 (5)

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。