FC2ブログ
04
TOP IMAGE
http://isaomk2.blog28.fc2.com/

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おふ☆れぽ ~桜桃忌 そしてTシャツ勝負夏の陣~

ゆーぢ「6月19日、東京に行こうと思ってるんだ」
いさお「じゃあ、オフ会やんね?」
ゆーぢ「太宰の墓参りしに行くんだ。三鷹まで」
いさお「じゃあ、三鷹でやんね?」
ゆーぢ「いいよー」

メッセでそんなやり取りをしたのが、先月の中頃。実に我々らしいgdgdな流れで、今回のオフ会は発動しました。
しかる後。東京近辺で集まれそうな人数人に声を掛け、決行。
今回のメンツはゆーぢ君、あくあたん、御鶴さん、そして小生という、少人数ながらも濃厚な顔ぶれです。他にも数名の方に声を掛けたのですが、残念な事に都合が付かなかったようです。
それはまあ、置いておくとして。
皆様は、覚えておいででしょうか?
前回のオフ会にて、緑色の得体の知れないTシャツを得意気にみせびらかしていた、ちょっとえっちなお姉さん(自称)の事を。
そうです。小生の同志にして永遠のライヴァル(と勝手に思い込んでいる)、あくあたんことAQUAさんです。
前回、彼女の放った予想外の攻撃に何も出来なかったゆーぢ君と小生は、負け犬らしい捨て台詞を吐きながら密かに復讐の機会を窺っておりました。ていうか小生は、次のオフ会では絶対、奴に不覚を取らぬぞと相当意気込んでおりました。
そして当日。密かに用意しといた勝負Tシャツを着込み、決戦の地である帝都東京へと乗り込んだのです。

千葉の中の千葉。もはやミッド千葉と言えるド田舎より、二時間掛けて集合場所である新宿アルタ前の喫煙所へ。
そうです。田舎モンの小生と名古屋在住のゆーぢ君の強い意向により、今回もこの超鉄板な待ち合わせ場所にて集合する事になりました。
この場所については、思い起こす事半年前。携帯を家に忘れるという大失態を犯したものの、そもそも携帯を持っていない古風なたちばな姉様と、まるで昭和の文通仲間が初めて会うときみたいに目印などを事前連絡していた為に邂逅する事の出来た、小生に取って忘られぬ場所です。
約束の時間より、十五分程早く辿り着いた小生。外出前からしっかりと握り締めていた携帯で、他のメンバーに『着いたー』とメールを入れ、久々に煙草を一服。
そう。太宰先生の墓前に供える為、一年振りくらいに煙草を一箱買いました。マルボロメンソールのウルトラライトです。久々の煙草は思ったよりも旨くて、軽い感動すら覚えました。まあ、禁煙はこのまま続けるつもりですけどね。煙草臭いと、嫁さんがちゅーしてくれなくなるし。
そうこうしている内に、グラサン装備の様子悪い男が「よー、久しぶりー」と出現。もちろん、ゆーぢ君です。
久々に出合った彼は、流石に季節柄スカジャンは着ていませんでしたw
尚も一服しつつ待つ事数分。ラ研イケメン部部員の御鶴さんが到着。どことなく様子の悪いおっさん二人に声を掛ける事を躊躇していた様にも見えましたが、まあ気のせいでしょう。
御鶴さんに遅れる事数分。ついに奴が現れました。そうです。あくあたんです。
おにゃのこらしく日傘など差して現れた彼女は、我々の姿を見つけるや否や挨拶もそこそこに、
「どうだ!」
と言わんばかりに胸部を強調してくるじゃあありませんか。
おいおい、こんな真っ昼間からそんな上級プレイかい?と一瞬だけ思ったものの、良く見てみると彼女は着ているTシャツをアピールしている様子。そうです。すでに勝負は始まっていたのです!
改めて彼女のTシャツを凝視してみますと。
一見、グレー地にポップな模様のついた何の変哲も無い普通のTシャツに見えましたが、良く見てみると、その模様は湾曲しつつも綺麗なシンメトリーを形作っている
「市川市」という文字でしたw
その下には小さくHIBA YBER ITYと、まるでニューロマンサー的な訳の判らない事が書かれていて、一体誰がどういった意図で作成したのか判らない、得体の知れないシャツでした。ていうかあんた都内在住だろw
「どうだ。私の選んだシンメトリー」と、GW企画に参加した者にしか判らない中途半端な小ネタを挟みつつ、彼女は我々を挑発しました。

そして、それを見たゆーぢ君は、
「今回は、俺がもらった」と、おもむろに着ているシャツを脱ぎます。すると、そこには……
鮮やかなオレンジ色の下地に、白く抜かれた
AU by KDDIの文字。
そう。それはAUの店員さんが着ている(と思われる)Tシャツです。
あんたそれどっから持ってきたw

(ふふふ。さすがだ二人とも。相手に取って不足は無いぜ!)
彼等のターンを耐え抜いた小生。夏だと言うのに暑苦しく着込んでいた革のライダースベストの前面をまるで変質者のように「うりゃっ!」と開き、用意しておいた秘密兵器を彼等に見せ付けてやりました。
小生が用意したのは、白地に緑色で「KAMAKIRI」
とレタリングが入り、その横に「あの格好」のデフォルメされた人物が描かれた、
関根勤のカマキリ拳法Tシャツです。

今回唯一の(比較的)常識人である御鶴さんに
「誰が勝者だと思う?」
と三人で問い詰めた所、数秒ほど考えた彼は、
「いさおさんでしょう」
と、一言。
はっはっは。小生が本気を出せば、こんなもんだよ。
勝利したにもかかわらず、何故か心がきゅんと痛んだのはきっと気のせいでしょう。うん。

とまあ、さくっと勝利をもぎ取った所で今回のメインイベントである桜桃忌に臨む為、中央線にて三鷹まで。
何だか今までのオフ会に無い、物書きに相応しいイベントです。さすがはゆーぢ君。
しかし三鷹駅前の交番にて、禅林寺までの道程を尋ねている姿は、傍からみたら職務質問されているチンピラにしか見えませんでしたが。
その後。蒸し暑い帝都を一キロ程歩かされた後に辿り着いた禅林寺。
墓前に赴くと、そこには既に数名、やはり墓参に赴いた人達がおりました。
(やはり太宰人気は大したものだなあ……)と思いつつ、順番を待っていたのですが……
流石は文豪、太宰治。墓参する人達は多様な年齢でした。墓前で涙ぐむ御老体の姿にはこちらも軽く胸に来るものがありましたし、墓石をバックに記念撮影している親子には軽い殺意を覚えました。
「ここに限っては、線香の代わりに煙草を供えて良いのだ」と、火をつけた煙草を供え、手を合わせるゆーぢ君。
どっかでそれを聞いた事のあった小生も、久方振りに買った煙草をお供えしました。彼の時代にメンソール煙草はあったのかしら、と割とどうでも良い事を考えながら、それでもちゃっかり「あなたの文才の、百分の一くらいで良いので与えてください」と自己中極まりない事を考えつつ、お参りしまいた。

ちゃっちゃと目的を達成した我々。
「とりあえず吉祥寺まで行こう」というゆーぢくんの提案に乗り、さすがにタクシーを拾って向いました。
適当な店を見つけて、昼食。
先日に、我が心の姪っこライラたんに「オフ会中に嫌がらせ電話するからねー」と宣言したのを唐突に思い出し、電話を回し皆で歓談。直前に写メで送ったメガネ鶴(眼鏡装備の御鶴さん)がツボったらしく、彼女は
「鶴はもう一生眼鏡でいろ!」と、訳の判らん事を言っておりました。

食事を終えた我々は、指し当たって「飲もう」と言っていた夕方までは特にやる事が無かったので、
「井の頭公園に行こう」というゆーぢ君の提案により、だらだらと向いました。
初めて赴いた井の頭公園。なにやらアート関連のフリマみたいなものが開催されており、中々興味深く散策できました。あくあたんが得体の知れないストラップを買ったり、日本刀の切先で独楽を回す大道芸にゆーぢ君と二人で必要以上に食いついてみたり。
そして、かの公園に奉られている弁天堂を皆で参拝。
神社仏閣に詳しいゆーぢ君より、正しい作法を教わる事ができたのは予期せぬ幸運でした。
参拝もさることながら、商売人である小生はその背後にある銭洗い弁天に事の他反応し、持っていた小銭を執拗に洗ってきました。
で、その後もラノベ談議などに花を咲かせながらだらだらと池をぐるっと回るように公園内を散策していたのですが。
ふと、誰かがベンチに並んで座っている若いカップルを見つけました。
「若い」というよりむしろ「初々しい」とすら言える、そのカップル。活発そうなおかっぱのおにゃのこと、ちょいとナヨ系の男の子です。
我々に背を向けた状態で座っている二人。当然我々の事は眼中にありません。いや、それどころか彼等二人以外の何物も、彼等には見えて居ない様でした。
やたらと積極的なおにゃのこが、彼氏の耳下に唇をよせています。ていうか、普通に耳をアマガミしたりちゅーとかしてます。
それを背後から覗き見している、心の汚れきった我々大人四人は口々に
「なんというラノベ展開!?」
「あんなコ達、本当に居るんだ!?」
「みんな! もっと木の陰とかに隠れて観察するんだ!」
「佐伯涼太君がアレ見たら絶対『爆発しろ!』て叫んでるよ!」
と、興奮を抑える事ができませんでした。

そうこうしている内に、時間は四時を回りました。
なので、ゆーぢ君が「目星をつけてある」という居酒屋に向います。
彼が密かに見つけていたそのお店は「アクアダイニング竜宮城」というお店で、彼の策士っぷりが垣間見えました。
ついでに、店名を見て「なんだかフーゾクのお店みたいな名前だな」と、小生無駄に人間としてのランクを下げるような発言をしたりしました。
んで、何の躊躇も無く居酒屋イン。
早速乾杯し(あくあたんはノンアルコールでしたが)、その後はラ研の投稿作や自分の状況など、物書きらしい話を展開しました。
皆熱くそれぞれの執筆に対するスタンスや、公募に対する意気込み、間近に迫った夏祭りの事など、実に有意義かつ楽しい会話をさせて頂きました。

でも。
楽しい時間というのは、あっと言う間に過ぎ去っていくものです。
仕事のある小生は、当然中抜けをせざるを得なく。
後ろ髪を引かれる思いで午後六時、一足先に御暇いたしました。

電車に揺られる事二時間。
通常より一時間強程遅れて店に着くと、既に数名のお客様が
「どうして店開けてないんだ」
と、待っているではありませんか!?
どうやら彼等は当店でW杯の日本戦を観戦しようと考え、来てくれたご様子。
ひたすらに頭を下げつつ(開店を遅らせる張り紙は貼っておいたんだけどね)すかさず開店。その後も珍しくひっきりなしに来客があり、気が付けば今年最高の売上を記録しておりました。
ロクに寝ないで帝都を散々歩いたあと、近年稀に見る混雑でボロボロになった小生はそれでも、
さっそく弁天様のご利益があったのだなあと、実に心地良く一日を終える事ができました。


例によって下手な短編小説よりも多い枚数で、だらだらと書き連ねました。
参加された皆さん、ありがとうございました。
機会があったらまた遊んでください。
尚、Tシャツ勝負リベンジも絶賛受付中。さくっと返り討ちにして差し上げます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

爆発しろぉぉぉぉぉぉぉおおお!!


……あ、以上ッス(何

仔細かつ爆笑物のオフレポを、ありがとうございますm(__)m
序盤からえらく笑わせていただきましたw
話しかけた時の躊躇は、生来のあがり症のせいですねw(なんだかんだで緊張するのです。
あのカップルの破壊力は尋常じゃなかったですね……しばらく頭から離れそうにありませんw

お仕事お疲れさまでした、そして弁天様グッジョブですb

会合中に何度もくどくど発言したけど、とにかく雨に降られなくて良かった! です。
何故か桜桃忌は降らずに暑くなる日が多い気がします。
井の頭公園をしっかり散策できたのがよかった。お付き合いありがとうございました^-^

コメありがとうございます

涼太くん

ありがとうございます。
あの若いカポーの事ですねわかります。
わざわざ太字にする所に貴兄の無念を感じます。


御鶴さん

ありがとうございます。
まあ、あん時の我々の絵面を客観的に見たら、上がり症ならずとも声を掛けづらいとは思いますw
弁天さまは本当に良い仕事をしてくれました。
嫁は「もう毎日お参りに行け」と言っておりましたwww


ゆーぢさん

ありがとうございます。
本当、雨に降られなくて良かったですな。あの蒸し暑さには閉口しましたが。
井の頭公園は、思っていたより八倍くらい楽しかったです。
その三分の一くらいは、例のカポーのお陰ですがwww

ありがとうございました。

電話のうるさい子です(ぁ

( 一一)眼鏡鶴は眼福でした。一生の宝にしますww
電話うるさくてすいませんでしたー♪
ちょっとでも仲間入りできたみたいで楽しかったです☆

今度は可憐なボクが自らまた突撃しますから、首を洗って待っていてくださいね( 一一)b

Reライラたん

こないだはありがとう。声を聞けて嬉しかったよ!

そして放置失礼orz

……ほほお。夏休みあたりに来襲するですか!?
迎撃態勢を整えておかねば!
関東近辺の猛者を集めなければなりませんな。
また会える日を楽しみにしております。

遅ればせながら

ぷっちおふ、楽しかったデス。
しかし何だか良く分からない集団が、良く分からない行動をしたまったり感がタマランですなw
あの爽やカプルは、次の小説のネタにするっす。
そして次のTシャツ勝負こそ……勝つ!(キリッ
※当然夏祭りも勝つ!(* ̄┏Д┓ ̄*)ノ(キリリッ

かえり☆うち

あくあたん、先日は乙でした。
あん時のgdgd感は最高に心地良かったですな。ナイス謎集団w
特にあのカポーを集団覗き見している様は、酷いモンでしたよ、客観的に見たらきっと。

Tシャツ勝負ももちろんだけど、夏祭りでもキラッ☆と返り討ちにしてあげちゃう。
勝負、楽しみにしとります。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaomk2.blog28.fc2.com/tb.php/23-968a041d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いさお式ストレス解消法 «  | BLOG TOP |  » ギリエロ論

プロフィール

いさおMk2

Author:いさおMk2
某県某市某所にてショットバーを営んでいる、お笑い系バーテンダーです。
主に「ライトノベル作法研究所」というサイトさまにお世話になっております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
駄作劇場 (5)

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。