FC2ブログ
02
TOP IMAGE
http://isaomk2.blog28.fc2.com/

2012-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験  ~私、啼いちゃいました~


(こ、こんなに凄いなんて……)
『それ』を口に迎え入れた瞬間、思わず嫌な汗が出てきた。
 口の中が熱い。すごく、脈打ってる。思わず、吐き気すらもよおしてしまう。
 こんなに辛いなんて、思わなかった。だけど、今さら止める訳にはいかない。
 私は意を決して、さらにそれを口の中に詰め込んだ。
 喉元まで迎えたとき、思わずえづいてしまった。それは圧倒的に、徹底的に、そして無慈悲に私を蹂躙する。辛い。思わず涙が頬を伝う。
 それでも。
『それ』を口に入れる事を、決して止めはしなかった。
 だって……だって、『それ』は私が望んだ事だから。
 クラクラしてきた頭で、考える。
(でも、こんな物を入れちゃったら……私のお尻、どうなっちゃうんだろう……)
 そんな想いが、ふと脳裏を過ぎった。
 急に怖くなる。やめよう。今ならまだ間に合うから。そう、無理矢理考えて私は手と口の動きを止めようとした。
 だけど。 
(遅いよ。もう遅い)
 私の中に居る、もう一人の私が冷たく言い放つ。
 うん。本当はもう、知っている。ここまで来ちゃったら、もう絶対に後には戻れないって事を。
 ずるずると私の中に入って来る、『それ』
 体中の毛穴から、汗がぶわっと出てくるのが分かる。
 ああ、だめ……
 もう、耐えられない……
 あまりの辛さに、ついに耐えられなくなった私は臆面も無く声を上げてしまった。
「も、もう駄目! こんな事したらお尻が壊れちゃうよぉっ! あ、も、もう私……はひぃぃぃぃぃぃいっ!」




 
 ……ってなっちゃう位、物凄く辛かったです。ぺヤングの激辛やきそば。市販レベルでここまでえげつない辛さは初体験。私、思わず泣いちゃいました。
 明日のトイレ、大丈夫なんだろうかw
スポンサーサイト

愚痴りたくなった時、どうする?

 一年の中で、いちばん嫌いな月が一月。次が二月です。
 小生の人生で、嫌な事は大抵この二月に起きております。丁度去年の今頃は、姉の癌疑惑で苦しんでおりました。それ以前も、小生の人生を変えた事件が二つほど、このふた月に集中しておりまして。
 お陰で毎年一月二月は精神的に不安定で軽く鬱になりますw

 こういう時に、誰かに自分の抱えている事なんかをどばっとぶちまければ少しはスッキリする訳ですが、例えばバーに来るお客さんの中には一定量、こういった方がおられます。小生も、初めて来店されたお客さんに相談を持ちかけられ、気付いたらその人の出生の秘密なんかを聞かされた事がありました。
 誰かに話した所で、もちろん根本的に解決できる訳が無い。
 でも、誰かに自分の秘密を打ち明けると、心が少しだけ軽くなる。
 軽くなった分だけ、その人は心のキャパシティーに余裕ができるので、少しだけ冷静に考える事ができるようになったりする。話を聞いてあげるのも、大事なメンタルケアだったりするのです。
 そういう役目も、我々バーテンダーは背負っている訳でありますが……

 さて、そのバーテンダーがモヤモヤしちゃった時は、どうすれば良いのかしら?
 そんな事を考えながら、漫画Bartenderをパラパラと読んでいたら、答えが載っておりましたw
 その答えは『我慢する』だそうです。

 ……なーんだ、そうだったのかぁ
 我慢すればよかったのかぁ
 これは簡単すぎて気が付かなかったわぁ
 あはははははははははははははははははは……




 よし。
 色々我慢して、今日も仕事にイこう。うん。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いさおMk2

Author:いさおMk2
某県某市某所にてショットバーを営んでいる、お笑い系バーテンダーです。
主に「ライトノベル作法研究所」というサイトさまにお世話になっております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
駄作劇場 (5)

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。